無痛分娩ってどうなの?

出産の痛みは鼻からスイカが出るくらい痛みと聞いて怖くなったり、一度出産したらあの痛みが忘れられないという人は多いかもしれません。

無痛分娩と聞くと、全く痛みがなく出産できるようなイメージがありますが、無痛分娩によって陣痛の痛みがなくなる訳ではなくて、陣痛の痛みを和らげるものです。

無痛分娩は、背中の腰の部分に管を入れて麻酔をします。
局所麻酔なので、赤ちゃんが産道を通って出てくる瞬間をしっかりと感じる事ができます。

麻酔は陣痛が始まってから打つので、麻酔が効いてくるまでは自然分娩と同じように陣痛があります。
麻酔が効いている間は、自然分娩のようにいきむタイミングを上手く掴む事ができないので、助産師さんに誘導してもらう事が必要です。

無痛分娩のデメリットとしては、麻酔によって微弱陣痛になり吸引分娩になってしまい、逆に体に負担がかかってしまう事もあります。
人によっては、産後足がすぐに動かせなかったり、歩けなくなったりするケースもあります。

しかしながら、無痛分娩は痛みが少ない事と共に、お産で体力を消耗させないため産後の回復が早いというメリットもあります。

無痛分娩を行っている施設によって、費用等は異なるので、無痛分娩に興味のある人は色々とチェックしてみましょう。

出産は人生の一大イベントです。
できるだけ痛くない出産をしたい、楽な出産が良いという気持ちも分かります。
まずは、出産方法や出産する施設をじっくりとチェックして、最も自分に合った方法を見つけましょう。

ページのトップへ戻る