妊娠・出産にかかるお金

イメージ 

妊娠すると色々な事にお金がかかって大変だと思う人もいるかもしれませんが、国や市で様々な補助金があるので、そんなに心配する必要もないと思います。

妊娠中に受ける妊婦検診があります。
これも初診のみお金がかかりますが、ほとんどの市町村では妊婦検診無料券を配付しているので、毎回の検診代は無料になります。
ただ、妊婦検診に含まれない血液検査や薬代等はお金がかかります。

出産費用も健康保険や国民健康保険に加入している人であれば、出産育児一時金が出るので、それで賄えると思います。

妊娠中はマタニティ用の服や下着が必要になりますが、普段の着ている服を活用すれば、洋服代は節約できますし、マタニティパジャマや腹帯、下着等の最低限の物を揃えたら良いと思います。

ベビー用品は赤ちゃんが生まれてから必要になるので、妊娠後期になったら少しずつ買い揃えておくと良いです。
ベビー用肌着は洗濯糊が付いているので、水洗いして干しておくと良いです。
赤ちゃん用の哺乳瓶、ミルク、オムツ、おしり拭き、ガーゼ等必要な物を購入しましょう。
お風呂の温度を計る湯温計、赤ちゃん用の体温計等少しずつ準備すると良いです。

出産の時に必要な物は病院や助産院から指示があると思いますので、準備しましょう。
赤ちゃんの退院用のおくるみや洋服、ママの退院用の服も忘れずに準備しましょう。

チャイルドシートやベビーバス等の大きな物は、リサイクルショップにある物で充分間に合うと思います。
新品が欲しい人は別として、リサイクルショップを活用すると良いと思います。

子供が産まれることはとても喜ばしいことです、が、その分出費も加算でしまいます。今まで自分のために使えていたお金が子供に行ってしまうので、好きなものにお金を使えないストレスも出てくるでしょう。

日々のやりくりをうまくし、それでもお金が足りない時はストレスを抱え込む前にちょっとお金を借りることも解決策の1つです。「お金借りるならどこがいい?」という方は、インターネットにまとめサイトなどもたくさんあるので活用してください。

ページのトップへ戻る